我が家のすみれ

我が家のすみれ‥

 

ちょうど一年前の秋、鷹の台駅近くにあるギャラリーPatioで山﨑さんと出逢いました。

ギャラリーに並べられた可愛い花々は、粘土とは思えない精巧さで、葉の虫食いや枯れかかった葉までもがリアルに表現されていて魅了されました。

その時に我が家にきたのが、このすみれ。

とても小さな花ですが、そこにあるだけで穏やかな気持ちにさせてくれました。

 

そこで、我が家の母親2人にもプレゼントすることに。

あんなにお花の手入れが大好きだった母達も年齢とともに作業が難しくなり、やむなく花や植木鉢を処分することになり寂しく思っていた時期でした。

このすみれを手にした母達は、本当に心から喜んでくれました。

手入れをしたくても出来ない母達にとって、癒しになってくれたすみれ。

山﨑さんの優しさが伝わってくる作品です。

 

 

 

第7回 クレイアート展 粘土の花

ー Kazumi Yamasaki ー

 

Galeria mano a manoでは、鷹の台で活動なさっているクレイ作家 山﨑一美さんの展覧会を開催致します。

 

玉川上水に咲く四季折々の草花。

その小さく可憐な花々を、本物と見間違うほどのクレイアートで表現しています。

どうぞお楽しみに。

 

2019.10.31 (木)〜11.3 (日)

10:30~17:30

 

(最終日 10:30~17:00)